トップページ
商品概要
商品特性(1)
商品特性(2)
製品一覧
加工手順(1)
加工手順(2)
取扱上の注意
 
お問い合わせ



様々な機能を持つシリカ膜の特性とテストデータの一例です。
(4) 防食

 *塩水噴霧、CASSなどによる耐食性の試験結果例です。
試験項目 基板 液種 硬化条件 膜厚 結果
 塩水噴霧  アルミ  SSL-SX  120℃×30分  約1μm  変化なし
 〃  140℃×20分   〃   〃
 亜鉛メッキ鋼板  〃  80℃×60分   〃   〃
 CASS  アルミ  〃  120℃×30分   〃   〃
 高温酸化  ステンレス  〃  500℃×30分   〃  変色なし
 ※参考画像(1)
 ※参考画像(2)
(5) 耐スクラッチ

 *鉛筆硬度、研磨性洗剤による耐傷性の試験結果例です。
試験項目 基板 液種 硬化条件 膜厚 結果
 摩耗(研磨性洗剤)  ステンレス(鏡面)   SSL-SX  200℃×60分  約1μm  変化なし
 コートなし  -  -  傷だらけ
 鉛筆硬度  ステンレス(鏡面)  SSL-SX  200℃×60分  約1μm  7H
 コートなし  -  -  2H
(6) 表面硬度

極めて薄い膜ですから実際の表面硬度は基材の影響を受けます。用途にもよりますが、実用的な硬さを得るためには0.5μm以上の膜厚で、できるだけ高い温度での焼成をおこなうことおすすめします。
下表はナノインデンテーション法による、薄膜そのものの硬度を測定したデータです。
高温焼成させたシリカ膜はソーダガラス以上の硬さを示し、常温放置で1ヶ月間硬化させたものでもガラスの半分程度の硬さにまで達しており、既存のハードコート材と比較しても圧倒的な違いを証明しています。
素材 硬化条件 弾性率(Gpa) 硬度(Gpa)
 シリカシールド  室温×1ヶ月  33  3.2
 〃  900℃×30分  74  9.4
 ソーダガラス  -  80  8.1
 シリコーンハードコート  -  4  0.8
 アクリルハードコート  -  5  0.4
 ポリカーボネート  -  3  0.3
(7) 耐薬品性

標準焼成膜は、石英ガラスとほぼ同程度の耐薬品性を有します。
(8) バリア性

PETフィルムへ加工した場合の水蒸気および酸素のバリア効果測定結果です。
シリカシールドを加工することによってガスバリア性が得られることが分かります。
試験項目 測定条件 基材 液種 膜厚 結果
 酸素透過率
 (cc/m2/24h)
 @0%RH(JIS7126K)   75μmPET  SSL-SX  約0.6μm×両面  <1
 コートなし  -  25
 水蒸気透過率
 (g/m2/24h)
 @40℃(JIS7129K)  75μmPET  SSL-SX  約0.6μm×両面  3
 コートなし  -  12
(9) 光学特性

可視光透過率98%以上、屈折率1.46であり、石英ガラスと同等です。
(10) 耐熱性

膜そのものは石英ガラス同様1,300℃程度まで安定です。ただし基材との熱膨張差や高温での更なる緻密化等の影響により、膜厚限界は変化します。

有限会社エクスシア  TEL 042-514-8210  FAX 042-514-8230 東京都日野市日野台2-16-10
Copyright 2005 Exousia Inc. All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている文章・画像・データの著作権は(有)エクスシアが有します。
無断転写・転載・複写・複製等は違法行為であり、これを固く禁じます。
"シリカシールド""SILICA SHIELD" は(有)エクスシアの商標です。